豊かなエンジニアライフをおくる!

リンク

豊かなエンジニアライフを目指して

豊かなエンジニアライフを目指して

ITエンジニアの市場価値

近年の世界規模における目覚ましいIT化に伴い、ITエンジニアの需要は下火になるどころか、増々高まっており、エンジニアの人材不足が深刻化しています。その分エンジニアは売り手市場で、年収も鰻登りであれば言うこともないのですが、現実はそう甘いものではありません。世界規模でのエンジニアの争奪戦が起きているということは、競争相手は世界中にいるということであり、求められるスキルや知識も世界水準というわけです。もっとも労働人口の流動性が低いと言われる日本においても、IT業界に限っては、自分の能力をより高く評価してくれる企業や、自分の能力をより発揮できる職場を求めて、転職する率が高いといえます。また最近はネットワーク環境が整備されていることや、企業の業務のアウトソーシング化が進んでいる影響もあって、フリーランスとして活躍するエンジニアも増えています。

38歳で年収700万が平均

JISA(一般社団法人情報サービス産業協会)が公開している2014年版基本統計調査報告書によれば、情報化産業で働く従業員の残業手当を含まない平均年収は、25歳で約350万円、30歳で約410万円、そして35歳で約485万円です。この調査の回答企業365社の平均値といえば、資本金21億5500万円、売上高222億5300万円、そのうち情報サービス売上のみであれば196億6200万円であり、従業員は平均750人で、その平均年齢は39.1歳、また売上高人件費率は31.61%ということです。もっともこのうちITエンジニアの数は、男女合わせて約20万人であり、ITエンジニアの残業や休日出勤による年間所定外労働時間は、平均して約300時間に上ります。対象者をITエンジニアに限った2003年の調査報告によれば、平均年齢38歳で平均年収約700万円という数字が出ているようです。

国際水準の実力で年収1000万円を突破

ITエンジニアと一口に言っても、それぞれが専門分野で仕事をしているのであり、各業種それぞれの中でも実力の高い上級層の一握りが年収1000万円を超えている一方で、初級から中級のエンジニアとの年収格差は広がる傾向にあるようです。IT業界は他の職種に比べても例のないほどに技術革新のスピードが速く、流行廃れが激しいのも特徴です。そのためエンジニアには現場で目の前の仕事に専念するばかりではなく、常に最先端の情報を求めて勉強しておかなければならないという、厳しい背景事情があり、その反面実力を認められれば、高収入も夢ではありません。当サイトではそのようなエンジニアになるための条件などを中心に、様々な情報を提供します。お問い合わせは engineer-life@outlook.jp へ。

最近の記事

  • 稼ぐエンジニアの特徴を知る

    エンジニアにはこれまで以上の活躍の場が広がっており、その一方で高度で専門的なスキルや知識を求められるようになっています。市場で価値のあるエンジニアが稼ぐエンジニアということになりますが、その特徴として、幅広い知識や興味を持っているために引き出しが多いこと、そして学習能力が高くて未知のことにも挑戦するということが挙げられます。あるいはコミュニケーションスキルが高く、人をまとめることができたり、優れたビジネス感覚を発揮して、エンジニアならではの企画を立案し、提案できるのです。

  • 退職と仕事の探し方

    稼ぐフリーランスになるためには、準備が肝心です。退職前にはあらかじめ退職後の生活費や事業資金を貯蓄し、同時に人脈を広げておきます。退職の申し出は、原則として1か月前でよく、退職後に税務署に「開業届」を提出します。売り込みのためのメールアドレスやホームページや名刺を作って、顧客獲得に向けて動きます。人づてに紹介を受けるのが従来通りのやり方ですが、最近はクラウドソーシングによって仕事を獲得する方法も普及しています。

  • フリーランスなら高収入も狙える

    売り手市場が続いているエンジニアですが、会社勤めでは長時間労働や重い責任に見合う報酬が支払われているか疑問です。その点フリーランスであれば、仕事に見合った報酬が得られるため、実力が同じでも高収入になる傾向があります。もっともフリーランスは、手にする収入の中から経費や税金や保険料を支払う必要がありますし、会社勤めのような安定した身分でもありません。しかしフリーランスには仕事を主体的に選択する自由があり、また副業をするのも自由です。

おすすめの記事

  • フリーランスを継続できる人とは?

    フリーランスの生存率が、開業10年で1割という厳しい現状の中にあって、それでも生き残るフリーランスには、共通した特徴が見られます。それは高い基準を定めて仕事の質に妥協せず、顧客の満足度が高いということです。また事業が順調であっても、次の布石として新たな顧客開拓の策を練る一方で、無理な事業拡大を慎み、身の丈に合った経営を維持します。そして金銭は自分が責任を持って管理するなど、安易に他人任せにしないのです。

  • キャリアのゴールを見据えて

    社会のIT化が進んで、エンジニアの活躍の場が更に広がったことにより、目指すべきキャリアアップが多様化しています。もちろんより専門特化したスキルや知識を極めてスペシャリストになる道もありますし、従来通りのプロジェクトマネージャを目指す道もあります。もっとも低予算で短期化しているプロジェクトの成功は、増々難しくなっています。またコンサルタントとして事業を企画立案する、あるいはITアーキテクトとしてシステム化の設計を手掛ける道もあります。

  • 優秀なエンジニアが読んでいる本

    優秀なエンジニアになるためには、頭一つ抜きん出る必要があります。多忙な仕事の合間に、暇を見つけて最新の専門技術を勉強するだけではなく、広くビジネス書を読むことも大切なのです。エンジニアの仕事は想定通りに進まないことも多々あり、問題解決能力が求められる面も少なくありません。「システム×デザイン思考で世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」」や「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」は、新しいアイデアや問題解決のヒントになります。

ページトップへ

Copyright © 2015 エンジニアライフ調査局 All Rights Reserved.